建物滅失登記を頼みたい

2010/08/27 (金)

建物(登記のしてある建物)を取り壊したけど、滅失登記をしていないとのご相談でした。

建物滅失登記をしていないと、当該土地の上に取り壊した建物の登記簿が残っているので、新たに融資を受ける場合や、当該土地を売却する場合に建物滅失登記が通常必要になります。

建物滅失登記は、土地家屋調査士のいる当事務所にお任せください。

〖無料相談〗 相談及び見積りについては、無料で承っております。

電話またはメールにて、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

建物滅失登記については、必要書類として下記の書類を揃えます。
□取り壊した工事業者の取り壊し証明書
□工事業者の印鑑証明書、工事業者の資格証明書(会社の場合)等
取り壊したのが古く上記の書類が揃わない場合もあります。
その場合は、当事務所において代わりの書面をお伝えいたします。

当事務所においては、ご相談を受け → 受託 → 法務局調査 → 現地調査 → 滅失登記申請 → 登記完了の流れとなります。登記が完了しますと、建物の登記簿が閉鎖されますので成果として、登記完了証・閉鎖事項証明書をお渡しいたします。

お問い合わせ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

サービスのご提供は

茨城県

県央地区,県東地区,県南地区,県西地区 及び茨城県内全域

石岡市,小美玉市,かすみがうら市,行方市,鉾田市,土浦市,つくば市

水戸市,ひたちなか市,笠間市,大洗町,茨城町

鹿嶋市,潮来市,神栖市

筑西市,桜川市,結城市,下妻市,八千代町,常総市,坂東市,境町,古河市,五霞町

牛久市,阿見町,美浦村,つくばみらい市,稲敷市,龍ヶ崎市,守谷市,取手市,利根町,河内町

那珂市,東海村,城里町,日立市,常陸太田市,常陸大宮市,大子町,高萩市,北茨城市